オーガニックコスメ

オーガニックコスメとは?

 

オーガニックコスメとは自然や植物由来の成分をメインに配合し、出来る限り化学成分を含まず、または少量のみに配合して作られた化粧品のことを指します。

 

コスメに化学物質が含まれていても使用している原料に有機栽培のものが含まれていればそれだけで「オーガニックコスメ」として謳うことができるのが日本国内のオーガニックコスメの基準に関する現状です。
食品のオーガニック認定を行う農林水産省(JAS認定)は食品の認定のみ行っており、化粧品に対するオーガニック認証機関がないことも一つの原因のとして挙げられています。

 

オーガニックコスメと聞くと身体や肌に良い製品というイメージが先行していますが、オーガニックコスメに対する理解を深めながらも、自分に合うコスメを選択していくのがよいでしょう。

 

最近はオーガニックコスメブームもあり商品のパッケージの可愛さやそのお洒落なイメージでオーガニックコスメを使うきっかけとなることも多いようです。でもそれが少しのエコにつながっていたり、自分の肌に良いことだったりと、少しでもHAPPYな気持ちを増やしていくきっかけ作りになればと思います。

 

オーガニックコスメ認証団体

 

日本でも現在オーガニックコスメの認証団体が出てきており、その基準に対し意識が高まってきています。

 

認証の基準はその国や各団体によって異なります。個々の団体ごとに厳しい基準を設けており、その基準を満たしているコスメのみ認証を受けることができます。

 

その認証団体の基準を理解することでブランドやコスメがどのような基準で製造されているのか、どれだけ環境を配慮しているのかなどその背景を知ることができます。

 

しかし認証マークを取得していないブランドでも良質なコスメを製造しているメーカーもあります。認証マークのみを基準としてコスメの選択するのではなく、認証は一つの目安やコスメ選びの参考として、最終的には自分の肌に合っているコスメを見つけてみてください。

 

認証団体

エコサート(フランス)

エコサートは1991年に農学者の団体によって設立。ヨーロッパを中心に世界50ヶ国以上の国で認証を行っており有機認証の世界基準とも言われている。

 

最終製品には内容製分全体の最小でも5%の有機認証された成分を含むこと。
植物性成分の最小でも50%が認証された有機農法由来であること。より厳しい条件を満足しているものについては、たとえば「95%が有機原料製」というようなラベルもある。
動物由来の原料は、生きた動物からのみ可。
最終製品の動物実験は不可。
合成着色料、合成香料、合成油脂、油、シリコンおよび石油製品は使用しない。
ポリエチレングリコール(PEG)とその誘導体の使用は不可。
保存料として認められるのは、安息香酸、蟻酸、プロピオン酸、サリチル酸、ソルビン酸、ベンジル酸。加工原料は0.5%までのパラベンならびにフェノキシエタノールで保存可。
遺伝子組み換え原料の使用は不可。
原料や製品のために放射線照射は行わない。

 

コスメビオ(フランス)

コスメビオは2002年に設立。フランスのエコロジカル・オーガニック化粧品の協会で、原料サプライヤー、製造業者、化粧品研究所、流通業者200社などで構成されている。
使用原料の95%以上が、自然由来またはオーガニック栽培による原料でなければならない。ただし、現時点で自然な形では入手不可能な原料については、微量の合成物質の使用は認める。これらの原料は、PEGやシリコン、石油化学原料由来以外のものに限られており、COSMEBIOが提示する厳しい基準に合致していなければならない。

 

植物性の原料については、95%以上がオーガニック原料でなければならない。
合成香料、合成色素を使用していない
パラベンやフェノキシエタノールなどの、合成保存料を使用していない。
石油化学物質(パラフィン、シリコン、PEG)を使用していない。
遺伝子組み換えされた原料を使用していない。
イオン化処理をしていない
自然に対する配慮は、自然のバランスを守ることや、動物実験の禁止など、あらゆる分野に及ばなければならない。
製造過程で環境汚染をしてはならない
包装はリサイクル可能または生物分解可能なものでなければならない。
消費者に対し、化粧品に使用している原料や完成品にいたるまでの製造過程をすべて明示しなければならない。
ナチュラル原料およびオーガニック原料の比率は、BIOやECOのロゴがある製品のパッケージにはっきりと記載しなければならない。

 

BDIH(ドイツ・本部マインハイム)

BDIHは2001年から自然派化粧品の基準がスタートする。BDIHとは「ドイツ化粧品医薬品商工業企業連盟」の略。自然派をうたうコスメが増えた中、一定のルールを決めて、明白に分かりやすくナチュラル化粧品である証明をしようというのがこのガイドライン。

 

動物由来の原料は、生きた動物からのみ可。
原料や製品に対する動物実験は一切行わないこと。
合成着色料、合成香料、合成油脂、シリコンパラフィンそのほか石油製品は使用しない。
保存料としては自然の、またはいくつかの天然由来と同等の、ということは、自然成分を模して合成された成分は許される。たとえば安息香酸、サリチル酸、ソルビン酸、ベンジルアルコールなどがこれにあたる。この場合「保存料として○○○○を使用」と明記すること
原料や製品のために放射線照射は行わない。

 

ネイトルー(ベルギー)

ナイトルーは2008年に成立設立。BDIH基準では対応出来ていなかったオーガニック基準を新たに補って作られたガイドライン。
「ネイトルー」は、EU本部があるベルギーのブリュッセルに本部をおくことによって、自然化粧品とオーガニックコスメの世界統一基準を作ろうという意気込みをうかがわせています。
75%以上のアイテムが、ネイトルー基準で自然化粧品またはオーガニック化粧品と認定されなければならない。
化学反応の数を最小に抑えた合成界面活性剤の使用は可。たとえココサルフェート(硫酸ヤシ油)、ココグリコシド、ココグルタメート(グルタミン酸ヤシ油)など。また完全に生分解性がある界面活性剤に限る。
「ネイトルー」においてはすべての原料(水を除く)は次のどれかに該当し、
そのほかの物質は排除される。
天然
ネイチャーアイデンティカル (鉱石やクレイなど)
天然に近い素材
これを見ると、「ネイトルー」は、いっさいの合成成分を認めない基準を定めているかのように思われますが、そういうわけではありません。
「ネイトルー」では、オーガニック原料については、クリームやローションなどのアイテム別に水分何%、天然由来成分何%と定めた上で、次のような「星マーク」制度を採用しています。

 

★(ひとつ星) オーガニック成分70%未満
★★(二つ星) オーガニック成分70%以上95%未満
★★★(三つ星)オーガニック成分95%以上

 

デメター(ドイツ)

デメターはドイツのオーガニック農産物&食品の連盟。1924年ベルリンにて発足しました。1954年デメター協会を設立し、デメターマーク管理体制が整いました。シュタイナーが提唱したバイオダイナミック農法を推奨しており、その認証制度よりもより厳しい基準となっています。
シュタイナー農法あるいはバイオダイナミック農法に準拠し、最終製品までも厳しい基準を適用。化粧品の認定は、すべてデメター認定があるものを配合したものに限って認めています。

 

水以外の全成分の90%がデメターをクリア。デメターでは、使用される植物やみつろうについてバイオダイナミック農法の厳しい基準を適用している。
鉱物・金属由来の添加物は可。
遺伝子組み換えの作物や組織の添加物は不可。
原料や製品に対する動物実験は行わない。
天然由来と同等の合成成分は不可
揮発性油、植物エキスは使用可。
無着色、無漂白の植物性あるいは動物性ワックスは使用可。
ごく少量のグリセリン、二酸化チタン、クエン酸は可。石油原料のポリエチレングリコールとその誘導体やパラベンなどの保存料は不可。

 

USDA

USDA Organicは日本で言えば有機JASにあたり、主な品目は、農産物や食料品と元々は食品の基準となります。アメリカではオーガニックコスメについては、明確な基準が確立されていない部分があるため、化粧品に対してオーガニック食品基準であるUSDAが採用される場合も多いです。

 

ACO

2002年に設立されたオーストラリアのオーガニック認証機関です。元々は農産物やオーガニックフードの認定を行う団体として設立され、現在はオーストラリアで最大のオーガニック認証団体になります。化粧品の認定も行っており、元は食品向けの基準のため、口に入っても安全なレベルが求められています。

 

オーガニック認証の新たな基準となるCOSMOSとは?

 

ここ最近はオーガニックコスメをどの様な基準で「オーガニック」と謳うことができるのか注目されています。

 

今迄は世界的に統一した基準というものがなかったため、2010年5月18日、BDIH、COSMEBIO、ECOCERT、ICEA、英国土壌協会の団体が集まり、COSMOS設立しました。このNPO協会はオーガニックと自然化粧品に対し統一した世界基準を定めようと発足した団体です。

 

この統一された基準をコスモス基準と呼び、団体に属している認証機関は既に1400以上の企業と多くの製品に対し認証を行っているため、既に認証を得ている製品はこの基準に達しているという事になります。

 

コスモスの新しい基準で認証を受けた新たな商品の販売は既に2011年の春から始まっています。
今まで使用されていた各自のオーガニックコスメ認定機関のロゴは当面の間そのまま使用されることになっていましたが、2015年1月1日以降からは今までの認定基準の使用は中止し、新製品すべてにコスモス基準により認定を行うことを予定しています。

 

 

「コスモスオーガニック」の基準とは?

 

1.原材料は自然材料(水、ミネラル、農業系材料)を極力、使用すること。なお農業系材料の処理方法は2種類です。「物理的処理」と「化学的処理」があります。

 

2.物理的処理を経る農業系材料のうち、最低95%の材料をオーガニックなものにしなくてはいけない。また物理的処理を経る農業系材料は遺伝子組み換え材料を除いたものを使用するという規定もあります。

 

3.完成製品の最低20%をオーガニックとしなくてはならない。

 

4.例外として、リンスオフ製品(Rinse-off product)は完成商品の最低10%をオーガニックとすることが求められる。リンスオフ製品とは、使った後、洗い流すもので、シャンプー、コンディショナー、液体ボディーソープなどがこれに該当します。

 

5.化学的処理を経る農業系材料は、オーガニック原材料を使用し、環境に優しい「グリーン化学」に基づく化学処理を条件にオーガニックの認定対象となることが可能です。ちなみに「グリーン化学」のいくつかの条件をあげると、「原料に対するX線・ガンマ線の照射禁止」、「非持続性成分(生分解性成分)のみが認められている」、「ナノ化したミネラル成分は使用禁止」などがあります。
2015年1月以降、化学的処理を経る農業系材料に関しては最低30%オーガニック原料使用が求められる予定です。

 

6.水やミネラルはオーガニックとしての認定対象にならない。

 

7.石油化学系の成分や触媒、溶媒を使用してはならない。しかし、2014年12月31日迄は移行期にあるため、現在のところは例外として化学的処理を経る農業系材料について石油化学系溶媒を使用許可。また完成商品の2%を限度に石油化学成分を許可しています。
許可されている石油系の合成保存料は、「安息香酸、サリチル酸、ソルビン酸、ペンチルアルコール、デヒドロ酢酸」などです。
そのほかの移行期(2014年12月31日)まで使用を許可されている合成成分は、乳化剤と洗浄成分として、「両イオン合成界面活性剤」、「非イオン合成界面活性剤」「陰イオン合成界面活性剤」などの合成界面活性剤があります。

 

オーガニックコスメ認定基準の“ポジティブリスト”とは?

 

認証がされているオーガニックコスメ=石油原料の合成成分ゼロではないのが事実です。

 

認定機関から認証マークを取得している化粧品と聞くと私たちは全て合成成分を使用していなく100%有機の原料で作られていると思いがちですが、じつはこれらの基準の中ではいくつかの合成成分を認めていて、その中で「ポジティブリスト」というものを設定しています。

 

それぞれの認証団体の基準はどこまで合成成分の配合を許容するかということによりその違いが出ています。

 

自然素材の化粧品の難関

 

自然素材を化粧品に使用するにあたり一番の難問となるのが防腐剤と界面活性剤に石油原料の合成洗剤を使用しないことです。

 

防腐剤は化粧品の保存期間を高めるためのものです。
界面活性剤は本来であれば混合が不可能である水と油を混ぜることのできる成分となります。これはシャンプーや洗顔フォームに洗浄の成分として配合していたり、また乳化成分としてクリームなどをよりなめらかにするための成分として使用されています。

 

最近のこだわりがある自然化粧品メーカーなどでは、防腐剤に関しては合成防腐剤を使用せず製品を製造しているところがたくさんあります。防腐効果が高いエッセンシャルオイルやエタノール、また抗酸化力の高い植物エキスなどを使用することで合成防腐剤にたよる必要がなくなってきたのが現状にあります。

 

自然は化粧品の製造上、大きな難関となっているのが化粧品を乳化するプロセスです。
通常のコスメは数ある合成界面活性剤の中からいずれかを使用し乳化を行っているのが実情となります。
その中でも自然派化粧品の製造で使用されている安全性がある乳化成分はわずかとなります。
天然の乳化成分としてはレシチンなどがよく使用されています。水添レシチンは天然成分ではないのですが、安全性が高くより天然に近い成分とされています。

 

化粧品のキャリーオーバーとは

 

化粧品製造上での「キャリーオーバー」とは化粧品全成分表示に表記しなくてもよい成分のことを指します。

 

2001年に薬事法で化粧品の全成分表示が義務付けられるようになりましたが、キャリーオーバーにあたる成分に関しては表記する必要がないとされています。

 

通常化粧品が製造されるプロセスで化粧品メーカーは化粧品原料製造会社から原料を仕入れ化粧品を作っています。この際に仕入れた原材料を独自にブレンドして化粧品を作る際、配合した成分は全て表示することが義務付けられています。
しかし原材料に何も加えず化粧品を製造した際はその原材料に防腐剤(パラベン)が入っていたとしてもこの成分は“キャリーオーバー”となり全成分表示に明記する必要がないのです。

 

通常化粧品のラベルに合成防腐剤使用なしと明記されていることで安心をするのが普通だと思います。しかし記載のないキャリーオーバー成分もチェックすることも大切な指標のひとつとなります。

 

キャリーオーバーを明記しているブランド